メガネの基礎知識

  • メガネのパーツ
  • フレームのタイプ
  • メガネの素材
  • メガネのお手入れ方法
メガネのパーツ
まず、おさえておきたいのがメガネの各パーツの名称と役割です。
ここでは最低限知っておいてほしい用語をご紹介します。
  • 1.リム
    レンズの周りを囲む縁のこと。一般的にはレンズをはめて固定する『リム線』という溝が掘られている。レンズ上部のみ、あるいは下部のみにリムがついているものや、リムを完全になくしたものもある。
  • 2.ヨロイ
    リムと丁番をつなぐ部位で、テンプルの開閉にともない最も負担がかかる。フロントの輪郭を握る部分なので、ブリッジとともにデザインのポイントとなる『智』とも呼ぶ。

  • 3.ブリッジ
    レンズとレンズをつなぐ部位。メガネに衝撃が加わった際、もっとも負担がかかるため硬質な素材が使われる。フロント中央に位置し、デザインの要でもある。
  • 4.丁番
    開閉時に可動するパーツ。商品の設計により、バネ機能を持つもの・丁番・板バネ構造を持つもの・特殊構造を用いたクッション構造を持つものなど、快適な装用のために様々な工夫が施されています。「蝶番(ちょうつがい)」「ヒンジ」とも呼ばれます。
  • 5.クリングス
    リムと鼻パッドをつなぐ部分で『パッド足』とも呼ぶ。複雑なカーブにより高さや幅を調整。調整による変形や衝撃で一番壊れやすい部位。プラスチック系フレームにはクリングスがないのが一般的。
  • 6.テンプル
    サイドからのルックスを支配する部位。頭の幅に合わせて広がるため、掛け心地に大きく影響を与える。耐久性や弾力性が問われ、超弾性を持つ合金素材が使われる場合がある。『腕』『ツル』とも呼ぶ。
  • 7.ノーズパッド
    鼻を両脇から挟むようにメガネを固定する部位。このパーツを調整することで掛け心地が大きく変わる『鼻当て』『鼻パッド』ともいう。
  • 8.モダン
    メガネのツルの先端にかぶせられた耳あて用のカバー。加重がかかる箇所で、掛け心地の良さを左右する。『先セル』『イヤーパッド』ともいう。
PAGE TOP
フレームのタイプ
フレームのおもなタイプは7種類。フレームラインに曲線の多いものは優しく、柔和なイメージを出します。
一方、直線的なフレームはシャープなイメージを作り、顔を引き締める効果があります。
  • スクエア
  • スクエア
    顔を引き締め、キリッとした印象になるため、丸みを帯びた輪郭を引き締めたいときにおすすめまた、子供っぽい顔を大人っぽく演出できる。面長で丸みのある輪郭や目と目の間が離れていて印象の弱い方には、個性をアピールするのに有効。
  • オーバル
  • オーバル
    楕円形や卵型のフレーム。クセのない形なので顔になじみやすく、やさしい印象を与える。男性の場合、四角形やひし形の輪郭でソース顔などキツイ印象を和らげる効果も。どのような服装やヘアスタイルにもあわせやすい定番のひとつ。
  • ウエリントン
  • ウエリントン
    天地幅が広く、角が少し丸みを帯びた逆台形のフレーム。レトロ感のあるフレームだが、ジョニーデップが愛用していることもあり、近年非常に人気のある。重厚感のあるものから掛けやすい厚みのないタイプまで様々なものがある。比較的顔型を選ばず、トレンド感のある雰囲気になれる。
  • ブロウ
  • ブロウ
    フロントが眉のように見えることから命名。眉の薄い人に似合う。顔をはっきりと、スポーティにみせる効果がある。日本人は特にあっさりとしたしょうゆ顔が多いため、相手にしっかりと顔を覚えてもらいたいときにも有効。少し柔らかい印象に抑えたいならセルフレームを。
  • ラウンド
  • ラウンド
    かつてジョン・レノンがかけていたことでも人気がある円形のフレーム。丸みが安定感を与え、優しくおおらかな印象に。逆三角形の輪郭や、鼻が下向きに尖っているなど、鋭角的な顔立ちの方におすすめ。丸顔の人には似合わないとされていますが、あえて個性を強調するのも◎。
  • アンダーリム
  • アンダーリム
    上にはリムがなく、下のみにリムがついているフレーム。形状は四角いものもあれば丸みのあるものも。スッキリとしたフェイスラインをより引き締める効果がある。また、長い顔の人がかけると顔の長さを短く見せることもできる。
  • ノンフレームタイプ (リムレス)
  • ノンフレームタイプ (リムレス)
    フレームがなく、素顔に近い印象を与えたいときに有効。フレームがあるものより、スッキリとエレガントな印象を与えることができる。レンズの形によって印象が変わり、レンズにカラーを入れることでラインを引き立たせることも。
PAGE TOP
メタル系
硬質な素材感からオフィシャルできちんとした印象を与えます。もちろんメタルでも赤や緑色のフレームもありますから、カジュアルに見せることも可能です。
  • ピュアチタン
    プラチナ並みの耐腐食性を持ち、アレルギーフリーという点からも肌に密着するフレームとしては最適。鉄よりも約2倍の強度をもつが、粒子の密度が低いため鉄より約40%軽い素材である
  • βチタン
    ピュアチタンにバナジウム22%、アルミニウム4%を添加したチタン合金素材。弾力性に優れ、ピュアチタンに比べて約2倍以上もの引っ張り強度を持つ超弾性材である。負荷のかかりやすいテンプルに使用することでしなやかなかけ心地に
  • NT合金
    ニッケルとチタンを1対1で混ぜた合金。常温下であれば力をかけて曲げてもゴムのように元の形に戻る超弾性の性質がある。0℃以下では、超弾性は失われるが、形状記憶の特性により、過熱により常温での形に戻る

  • アルミニウム
    メタリックな質感とシャープな雰囲気が持ち味の素材。風雨にさらされても退色しない。また、柔らかい素材のため、ある程度厚みを持たせて使われることが多いが、チタンの約65%の軽さであるため重さは気にならない。やや硬質な印象を与える
  • マグネシウム
    アルミニウムの約3分の2という軽さを誇る素材。プラスチックなどに比べ、リサイクルしやすいという利点もある。次世代フレームとして注目を浴びているが、発火性が高く、実用にはまだまだ課題点があるのも事実
プラスチック系
カジュアルな印象を与える素材です。色や柄などバリエーションも豊富ですから、イメージをガラリと変える楽しみもあります。
  • セルロイド
    最古の熱可性樹脂で、かつてはプラスチックのほとんどがセルロイド製だった。紙や木、樟脳が原料で、天然素材のような温かみが持ち味。紫外線による劣化や、180℃で発火する危険性から現在ではあまり使用されていない。しかし、独特の色合いやツヤ感を愛するファンも多い
  • アセテート
    最近では、プラスチックフレームのほとんどがこの素材である。滑らかな肌触りと透明感の色合いが特徴的。素材を重ねることで鮮やかなグラデーションも楽しめる。軽くて燃えにくく、紫外線による劣化もほとんどないため、実用性に優れている
  • TR-90
    スイスの医療器具メーカーEMS社が開発したナイロン樹脂。医療用カテーテルや哺乳瓶にも採用されるなど、安全性が非常に高くお子様や敏感肌の方も安心して使用できる。また、軽量で弾力性、復元力がある素材特性で、メガネの重みにストレスを感じている人にはお勧め。
コンビネーション
フロントの主要部分がメタルとプラスチックの組み合わせで作られている。組み合わせ次第でイメージを大きく変えることができるため、ファッションの幅を広げてくれるフレームです。
PAGE TOP
メガネのお手入れ方法
ほこりや花粉、汗、皮脂、化粧品などで、メガネは意外に汚れています。
こまめに正しくお手入れすることで、すっきりと快適にメガネをご使用いただけます。
step 1  水で汚れを洗い流す
  • A.流水でメガネの表面についているほこりを洗い流します。お湯の使用はレンズのコーティングがはがれる恐れがあるのでNG。
  • B.皮脂や化粧品などで汚れている場合は、水で薄めた中性洗剤を指につけ優しくこすり洗いをし、汚れが落ちたら洗剤が残らないようしっかり水で洗い流してください。

step 2  やわらかい布でふく
  • 水で洗浄後に、メガネふきやマイクロファイバーなど、やわらかい布で優しくふいてください。水で流さずそのままふいたり、粗い布などでふいてしまうと、レンズが傷ついてしまうので、お気をつけください。

step 3  正しく畳んで保管
  • メガネは、(1)左側のテンプルから畳むのが正式な畳み方です。(2)右側からだと、正しく畳むことができないため、バランスが悪く、倒れた時にレンズが傷つくこともありますので、お気をつけください。

NEWS

一覧を見る